honey suckle

honey suckle

28.2.15

WELCOME PRINCE WILLIAM TO JAPAN

Prince William is now visiting our country.  This is his first visit and we really welcome His  Highness.

(This is yesterday's TV news on NHK.  )



27.2.15

A POPULAR GARDENER the late GEOFF HAMILTON (人気ガーデナーのジェフ・ハミルトン)

I have learnt the late Geoff Hamilton from a comment of a blog which is written by a Japanese woman who have been living in UK.  He was the popular English gardener, broadcaster and author, and best known as a presenter of BBC television's Gardeners' World in the 1980s and '90s.

On her advice, I bought his two second-hand books; 'Geoff Hamilton's COTTAGE GARDENS' and 'THE ORNAMENTAL KITCHEN GARDEN.'  These books were published in the '90s, and based on a BBC television gardening series; 'The Cottage Garden' and 'The Ornamental Kitchen Garden'.  The books were so interesting for me because he showed many ideas of small garden plans and how to make garden features less expensively.

 And, he was a committed and informed early advocate of the organic approach to gardening.  In 'THE ORNAMENTAL KITCHEN GARDEN', he showed how to grow flowers, vegetables, herbs and fruit trees together in the same bed to manage pests and diseases without chemicals, and he considered that ornamental beauty of kitchen gardens is also essential.



(故ジェフ・ハミルトン氏をイギリスに在住されている日本人女性のブログのコメントで知りました。彼はイギリスの人気のあるガーデナーであり、テレビタレントであり、著作家でした。彼は1980年代から90年代のイギリスBBC放送の園芸番組の司会として最もよく知られています。
 彼女のアドバイスで、二冊の古本を購入しました。「ジェフ・ハミルトンのコテージ・ガーデン」と「装飾的菜園」です。これらの本は90年代に出版され、BBC放送の同名の園芸番組シリーズの内容をもとに書かれています。彼は本のなかで、小さな庭の設計についてたくさんのアイデアを紹介し、庭のいろいろな構造をお金をかけずに自作する方法を書いています。
 そして、彼はいち早くガーデニングに有機栽培を導入した熱心な学識者でもありました。装飾的菜園の中で彼は花、野菜、ハーブ、果樹を同じ区画に一緒に栽培して、病害虫を農薬を使わずに管理する方法を紹介しています。そして菜園にも美しさは欠くことができないと指摘しています。)


ジェフ・ハミルトンのコテージ・ガーデン

装飾的菜園

I had read the books here and there and they were so interesting, so I decided to translate the latter ''THE ORNAMENTAL KITCHEN GARDEN' into Japanese.


(拾い読みしてみてとても面白く、装飾的菜園の日本語への翻訳をしてみることにしました。三日坊主にならないように、そして保存が便利なように、もう一つのブログを立ち上げて、そこに書いていくことにしました。そのごく一部を公開していますので、もし興味のある方はご覧下さい。)





にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ



25.2.15

FULLY BLOOMED HELLEBORUS FLOWERS (満開のクリスマスローズの花)

Hereborus flowers are now fully bloomed here and there in our garden.
We can look at many signs of coming spring such as enlarging flower buds of cherry, plum and blueberry.  In the potager, I have found spears of asparagus for the first time this year.
February is going and March will soon come, and we can look at vigorous regeneration of plants and wildlife again.  I do really love March and April.


(クリスマスローズの花が庭のあちこちで満開になっています。サクラやスモモ、ブルーベリーの花芽の膨らみなど春の兆候がたくさんみられるようになりました。ポタジェでは今年初めてアスパラガスの芽が伸びてきているのを見つけました。二月は去りつつあり、植物や野生動物たちの旺盛な再生がまた見られる三月がすぐそこに来ています。私は三月と四月が大好きです。)


Next five pictures were taken under plum trees.

(次の5枚の写真はスモモの木の下で撮影しました。)






This photo was taken at the entrance of our garden, where snow drops have been blooming.

(この写真は庭の入り口のスノードロップがずっと咲いているところで撮影しました。)


The last photo was taken at the shady slope garden.

(最後の写真は日陰の斜面の庭で撮影しました。)





にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ


23.2.15

PRUNING ROSES: ARCHES & ARBOUR (アーチとアーバーのバラの剪定)

There are three arches and one arbour for roses in our main garden.  I had made an arch and an arbour with reinforcing iron rods. Last weekend, I pruned and trained roses of them.  The weather was not suitable for gardening because it cold and cloudy with some showers.


(うちのメインガーデンにはバラのための3つのアーチと1つのアーバーがあります。アーチのひとつとアーバーは鉄筋を使って自作しました。先週末、アーチとアーバーのバラの剪定と誘引をしました。寒くてくもり時々雨でお天気はガーデニング向きとは言えませんでした。)


Rosa 'Pierre De Ronsard' was trained on the upper arch.
(上のアーチに誘引したピエール・ド・ロンサール) 

Rosa 'Angela' was trained on the lower arch.
(下のアーチに誘引したアンジェラ)

Rosa 'Snow Goose' trained on the arbour in front of the Lutyens bench.
(ルチェンス・ベンチの前のアーバーに誘引したスノー・グース)

Rosa 'Francois Juranville' on the arch beside the brick wall.
(レンガ塀の横のアーチのフランソワ・ジュランヴィル)
After pruning and training, roses are now ready to welcome spring.

The two arches at the both end of steps.
(階段の両端にある二つのアーチ)

The self-made rose arbour at the front of the bench.
(ベンチの前の自作したバラのアーバー)

The rose arbour and the rose arch. Yellow flower buds of mimosa are growing.
(バラのアーバーとアーチ。黄色いミモザのつぼみが成長してきています。)

The pictures below were shot in the middle of May when we opened our garden for charity.  You can look at the arches with rose flowers.  We are opening this year, too.  I will write the schedule of open garden on this blog in the next few weeks.


(下の写真はチャリティでのオープンガーデンを開催する5月中旬に撮影しました。バラの花の咲いたアーチが見えると思います。近いうちに今年のオープンガーデンの日程をこのブログに書く予定です。)







にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ



21.2.15

SNAP PEAs (スナップエンドウ)



At a fence of the potager, snap peas has started to flower and small beans are growing.  It is still cold now and active growth is still later on.  We are eagerly looking forward to spring.


(ポタジェのフェンスではスナップエンドウが花を咲かせ始め、小さな実が成長しています。まだまだ寒いので、ぐんぐん成長成長するのはまだ先のことです。 春が本当に待たれますね。)







にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ



19.2.15

PREPARING TO PLANT POTATOES (ジャガイモ植付けの準備)



At the end of February, we are going to plant seed potatoes in two triangular beds of the potager.  So, we have prepared the beds for it.

At first, we dug out Swiss chard, lettuce and cauliflower by using two shovels, and re-planted them into felt-made containers.  Then, soil in the beds was sieved to remove remnants of veg, such as roots, and larvae of insects.

Finally, we added lime to the soil and mixed.  This concludes preparing soil in beds.

Another preparation is chitting seed potatoes to sprout before planting.  We already bought seed potatoes with sprouting buds.  So, we are ready to plant potatoes!


(二月の終わりには、ポタジェのふたつの三角形のベッドにジャガイモの種芋を植え付ける予定です。そこで、ベッドの準備をしました。

 最初に、ベッドにあるスイス・チャード、レタス、それにカリフラワーを二つのスコップで掘り上げて、フェルト製のコンテナに移植しました。そして、ベッドの中の土をふるいにかけて、野菜の根などの残渣物や害虫の幼虫を取り除きました。

 最後に、土に石灰を加えて混ぜ込みました。これでベッドの土の準備は完了です。

 もう一つの準備は種芋の芽出しです。芽が出てきている種芋を私たちはすでに買いましたから、ジャガイモの植付け準備は完了です!)


There were vegs planted in the two triangular beds. 

Digging up Swiss chard



Digging up cauliflower 

Re-planting cauliflower into a felt container

Felt containers filled with Swiss chard

Swiss chard is a biennial, meaning it will grow back a second year and then set seed. It’s not neccessary to pull it out the first year as it will come back.  

Sieving the soil

Added lime, and mixed

Two triangular beds ready for planting potatoes



We planted  'Kita Akari' and 'Grand Pechka' last year.  We'll challenge 'Haruka' this time.


(昨年はキタアカリとグランドペチカを植えましたが、今回は、はるかを植えてみようと思います。)




にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ


17.2.15

PRUNING ROSES: BRICK WALL (レンガ塀のバラの剪定)


We have many climbing roses in our garden, and roses of the brick wall may be the most stunning, I gather.  You can look at the pictures in last May here.


The best season for pruning roses has come to our area.  If they are pruned too early, they put out their buds earlier and new leaves are susceptible to be damaged by the late frost.  In addition to this, we must also start measures to prevent fungal diseases early.

Last Sunday  was a warm (highest 13 degrees Celsius) and brightly cloudy day.  We pruned and trained climbing roses of the brick wall.  We started from left side of the wall, in front of which a Lutyens bench had been placed (the design that was created by the English renowned architect Sir Edwin Lutyens over 100 years ago).  We started to remove dead, diseased or dying branches.  Then we untied all branches from the wires fixed to the wall, and trained and tied branches one by one to the wires, considering the whole balance of branches and imagining how they bloom in early summer.


(私たちの庭にはたくさんのツルバラがありますが、レンガ塀のバラがたぶん最も素晴らしいと思います。去年の5月の写真をここでみることができます。
 バラの剪定にベストの季節がやってきました。もし剪定が早すぎると、芽が出てくるのが早くなり、遅霜にやられる危険が高くなります。また、カビ類の病気の予防も早く始めなくてはいけなくなります。
 この前の日曜日は最高気温が13度と暖かく、明るい曇りの日でした。私たちはレンガ塀のツルバラの剪定と誘引をしました。左の方から始めました。ここには100年以上前に英国の有名な建築家のエドウィン・ルチェンス卿が考案したデザインのベンチを置いています。まず最初に、枯れた枝、病気や枯れそうな枝を取り除きます。つぎにレンガ塀に固定してある針金に枝を結びつけた紐をいったんはずし、全体の枝のバランスを考慮し、初夏に咲く様子を思い描きながら、枝を誘引して針金に紐で結びます。)


Before pruning and training the left part of the wall

Before pruning and training the right part

Pruning and training Rosa 'Francois Juranville' on a stepladder

It took three hours to prune and train roses of the left half of the wall.  They include three pink roses; 'Constance Spry', 'Gertrude Jekyll' and 'Francois Juranville'.  Rosa  'Constance Spry' was planted on the left of the bench, and Rosa 'Gertrude Jekyll' on the right.  Rosa 'Francois Juranville' was trained over the wall.  You would be surrounded by scent of roses when you sit on the bench in the season of rose flowers, and you can definitely spend a splendid time there.


(レンガ塀の左半分の剪定と誘引に3時間かかりました。ここには三種類のピンクのバラ、すなわちコンスタンス・スプライ、ガートルード・ジェキル、そしてフランソア・ジュランビルがあります。コンスタンス・スプライはベンチの左側、ガートルード・ジェキルは右側に植えており、フランソワ・ジュランビルは塀の上に誘引しています。バラの花の季節にベンチに腰掛ければバラの香りに包まれて、きっと素晴らしい時間を過ごせるでしょう。)

Looking down the brick wall at noon from the window
In the afternoon, we finished the right half of the wall.  There are four varieties of roses.  They are 'Teasing Georgia', 'Pat Austin' and 'Crown Princess Margareta', from left to right, and another one is 'Paul's Himalayan Musk' over the wall.


(午後は、右半分を仕上げました。ここには、4種類のバラを植えています。すなわち、左からティージング・ジョージア、パット・オースチン、クラウン・プリンセス・マルガリータで、塀の上にはポールズ・ヒマラヤン・ムスクです。)
After pruning and training

After pruning and training roses, in addition to pruning a conifer in a container

All of the branches and leaves removed 



Next time we are planning to prune and train climbing roses on four metal arches.


(次回は、4つのメタル・アーチのツルバラの剪定・誘引を計画しています。)





にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ





15.2.15

SO SAD TO LOSE A BEAUTIFUL LANDSCAPE (美しい風景を失う悲しみ)

In June 2014, I visited a beautiful private garden at the south foot of Mt. Yatugatake, 20 kilometers north-east of the South Alps (including Mt. Kitadake which is the second highest mountain in Japan) , and 50 kilometers north-west of Mt. Fuji, .  The area is surrounded by these beautiful mountains, and very popular place for sight seeing and one of the most popular summer resorts in East Japan.  There are so many country cottages, too.

(富士山の北西50キロ、日本で2番目に高い北岳のある南アルプスの北東20キロに位置する八ヶ岳南麓の美しい個人庭園を訪ねたのは昨年の6月でした。八ヶ岳南麓はこれらの美しい山々に囲まれ、人気の観光地であり、東日本でもっとも人気のある避暑地の一つです。沢山の別荘もつくられています。)
The yellow X indicates the south foot of Mt. Yatugatake

This photography was posted lately by the owner of the cottage on the  on-line photogallary of Bises (Japanese Gardening Magazine) with a caption that 'Living at the south foot of Mt. Yatugatake; From happy days to struggling days with Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism'.  What happened to him?

(この写真はガーデニング雑誌ビズのホームページにあるフォトギャラリーにコテージの持ち主により投稿されたもので、「八ヶ岳南麓に住んで: 幸せだった生活が戦いの日々へ、国土交通省とガーデナー?との戦い」という説明が書かれています。いったい彼に何が起こったのでしょうか?)


He had been devoting his life to making a beautiful English garden at the cottage with her wife.  I was really surprised with the stunning garden when I visited there.  At that time, he told me that the new motorway was planning, which might run in the vicinity of his cottage.  He was worrying about it.  And a month after my visit, the rough route of the motor way was determined.  The route was close to his cottage.

The lost landscape will never recover.  Is it really worth while to make a motorway by destroying the beautiful landscape?
I sympathize with his sorrow, and I wish he regain his passion to gardening.

(コテージのオーナーは美しい英国式ガーデンをつくるのに奥様と精力を傾けておられました。昨年お邪魔した時には本当にその素晴らしい庭に驚きました。彼は私に新しい高速道路計画があって、すぐ近くを通るかもしれないと私に話し、とても心配していました。その1か月後には大まかなルートの決定がなされ、そのルートは彼のコテージのすぐ近くを通るものでした。)

(失われた景観は決してよみがえることはありません。美しい景観を壊してまで、高速道路を建設する意味があるのでしょうか? 私は彼の悲しみに共感し、彼が再び熱意をもってガーデニングに取り組めるようになることを祈ります。)




にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ